c-planningのモデルハウスづくり

石川県金沢市の住宅会社「シィー・プランニング」です。
このブログはモデルハウスを建てるにあたり、家づくりのコンセプトや、素材の選定等の記録です。
このブログを通してシィー・プランニングの家づくりの想いやこだわりが少しでも皆様に伝わればと思います。

大工工事完了。

こんにちは、ちゃっきです。


工事も着々と進み、頑張ってくれている大工さんの工事がそろそろ終わります。
10月の建方(上棟)から毎日現場で作業していただきありがとうございます。


上棟後は外周部にダイライトを貼り、
その後透湿防水シートを施工します。


外壁を張れるように外部下地、
天井下地、内部壁下地など見えなくなる細かい部分をコツコツとしていきます。


無垢の床は複合フローリングと違い1枚づつ貼るので時間もかかります。
おさまり仕上がりを綺麗に見せるために設計士と何度も密な打合せをします。



壁の仕上材です。
詳しくは次回以降でお話ししますが、綺麗に施工して頂いています。


2階の吹き抜け部分から。
この日は雪のすごい日でした。


アイシネン断熱の施工後の内部下地です。
一定の間隔で取り付けていき、この後石膏ボードを貼っていきます。
最近はコストダウンの為にこの貫(ぬき)を使わずに直接石膏ボードを施工する会社も増えてきています。


リビングから鉄骨階段を眺める。
奥面にキッチンがとりつけられます。
ちなみに手前の土色っぽい壁が通常の石膏ボード。
奥面の緑っぽい壁が水回りに使用する耐水性の石膏ボードです。
(青いのは化粧柱です。)








巾木(はばき)を拡大。

こいつの形状、色、大きさで部屋の雰囲気が、ぐっとかわります。


内部の壁です。
先ほどのアイシネン画像と同じピッチでの貫があります。
柱や貫に大工さんのメモ(?)が。


造作の3連引戸の枠(鴨居かもい)です。
さっきのメモに似ているような・・・?


シィー・プランニングの大工さんは本当に良い仕事をしてくれます。
もちろん他の業者さんもとても良い仕事をしてくれます。
連携もすさまじいです。
いいチームワークがいい家をつくります。


大工さんの工事が終わるといよいよ内装工事です。
今回もお読みいただきありがとうございました。
次回更新もよろしくお願いいたします。