c-planningのモデルハウスづくり

石川県金沢市の住宅会社「シィー・プランニング」です。
このブログはモデルハウスを建てるにあたり、家づくりのコンセプトや、素材の選定等の記録です。
このブログを通してシィー・プランニングの家づくりの想いやこだわりが少しでも皆様に伝わればと思います。

もうすぐ上棟。

こんにちは!
 石川県金沢市の住宅会社シィー・プランニングです。


前回の基礎工事に続き、土台が完成しました。
モデルハウス上棟がもうすぐとなってきました。



ベタ基礎の立ち上がり幅は150mmを採用しています。


基礎上の土台には120mm幅(4寸)のヒノキを採用しています。
また、シープラでは全ての木材にお客様の名前が印字されています。
今回は「押野モデル」と書かれています。


基礎と土台の間には基礎パッキンという穴の空いた樹脂が乗せられ、
土台は基礎コンクリートのアンカーボルトとつながり、
基礎パッキンが通風の役目をします。


大引にはベイマツを使用し、その下には樹脂製の床束が施工されています。


いよいよ上棟が迫ってきました。